我が愛機、Amiga1200との思い出

今でも現役、最初のAmiga1200

まだ黄ばんでいた頃のAmiga1200

懐かしい写真が見つかりました。Amiga1200を復活させた、2015年頃の状態です。

まだ、専用の置き場もなく、ただ起動確認しているだけの状態ですね。
それでも「PAL」でも映るアップスキャンコンバータがあったので、「メガデモ」を動かしてみることだけは出来ました。Amiga用のフロッピー、とっておいて良かった。

禁断の改造

先程「PAL」について少しふれましたが、アメリカのソフトを使う時は「NTSC」、ヨーロッパのソフトを使うときは「PAL」と、画面のモードを切り替えてやる必要があります。

「NTSC」で起動後、「Degrader」というソフトで「PAL」に切り替えるのが一般的なやり方ですが、本体を改造することで、最初から「PAL」で立ち上げることも出来ます。

「バックアップ活用テクニック 36号」に載っていましたが、改造にはかなりの技術が必要です。自信がなければ、やらないほうがいいでしょうね。

私の場合、はんだ付けを本職としていた「母上様」に頼み込んでやってもらいました。おかげで「PAL」への切り替えが、スイッチひとつで出来るようになりました。

ちなみに「PAL」に切り替えたら、コンポジット出力は使えなくなるので、水平同期15KHzが映るアナログRGBモニターが必要になります。私は当時「PC-TV454」を使っていましたが、いろいろ使えるいいディスプレイモニターでした。

いろいろ揃え始めた頃

Amiga1200復活後、モニターが壊れてしまったので、新たに入手。

こいつは今でも、Amiga用のメインモニターとして頑張ってくれています。

テーブルも用意したし、この頃から本格的に使い始めたんですよね。

  • 「ハードディスク 120MB」を「コンパクトフラッシュ 4GB」に置き換え
  • AmigaOSを3.0から3.1にアップグレード
  • GVPのアクセラレータのメモリを4MBから20MBまで増設(ヤフオクで入手)
  • 内蔵スキャンダブラーの入手、それに伴いモニターを追加購入
  • カラーアイコンを導入
  • マウスを光学式のホイール付きに変更
  • WHDLoadの導入、OS上で「メガデモ」「ゲーム」を動作させられるようになる

そして長期間の交渉の末、はにはに様にフルメンテ&ホワイトニングを行っていただくことができました。黄ばんでいた本体は、かなりきれいになってくれます。
もっとも、元が悪すぎたせいでその後若干黄ばんでしまうのですが・・・

しばらくはこのまま使っていたんですけど、予備パーツを買いまくりすぎて、Amiga1200の2号機も作っちゃったんですよね。

ちなみにこの2号機、ヨーロッパからマザーボードを取り寄せたので、無改造でもはじめから「PAL」で起動できます。

FDDが不調で、ついに壊れた

2017年8月、お盆休みの最中に、前々から不調だったFDD関係が、ついに壊れてしまいます。別の動作可能なFDDに取り替えても、認識されなくなってしまいました。悲しいけど止む終えないので、1号機は封印、2号機をメインに使うことになりました。

復活のAmiga1200(1号機)

2018年冬、なんとなくAmiga1200(1号機)を動かしてみたら、FDDも含めて普通に動いてしまいました。このときは、すぐにFDDが異常な動作をするようになってしまったのですが、買い置きしてあった未使用のFDDに交換してからは、全く異常な動きをしなくなりました。

せっかくなので、新品の互換ゲースに中身を入れ替え、発売されたばかりのAmigaOS3.1.4にKickstart ROMも含めてアップグレード、まさに完全復活となりました。

これは2019年1月現在の写真ですが、このように現在でも現役です。
もっともパーツを替えすぎて、マザーボードすら当時の状態ではありませんが、そうまでしてでも使わせる何かが「この娘」にはありますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です