BANDAI「WonderSwanColor」究極の姿

見づらい「反射型FSTN液晶」の「WonderSwanColor」

BANDAIから発売されていたモノクロ画面の携帯型ゲーム機「WonderSwan」、カラー画面の「WonderSwanColor」を出すときに、なぜか見づらい「反射型FSTN液晶」なんかを採用してくれました。当時から「画面が暗くて見づらい」と評判が悪かったですね。

そうした声が多かったのか、画面を「反射型TFT液晶」にした「SwanCristal」を後日発売しますが、最初から「反射型TFT液晶」だったならと、誰もが思ったことでしょう。

なお本文中ではこれ以降、「WonderSwan」は「WS」と、「WonderSwanColor」は「WSC」と、「SwanCrystal」は「SC」と、それそれ略して表記します。

液晶を載せ換えた「WonderSwanColor」

正直なところ、本体デザインは「SC」より「WSC」のほうが好きなんですよね。

基板サイズや液晶画面のサイズが殆ど変わらなかったことから、「SC」の中身を「WSC」に移植する人が結構いましたね。私もやりました。

それだけでも、別の機種になったくらいに感動しましたが、「ゲームボーイアドバンスSP」からフロントライトを取り出し、移植してしまう猛者が現れました。

フロントライトの移植

この2つはヤフオクで入手したものですが、FF仕様の方はフロントライトのみを移植したのに対し、パールブルーの方は、内部を「SC」に載せ換えた上でフロントライトを移植しています。
液晶に「反射防止フィルム」を貼って反射を抑えてあるので、非常に見やすいです。その上、ライトのON-OFFスイッチもついています。

これほどの物なので「3万円」と少し高値でしたが、大変満足しています。

なお、FF仕様の方はいじりすぎて壊れてしまったので、傷だらけのスクリーンレンズを交換、内部の基板をジャンクから取り寄せ、「WonderSwanColor White Model」として再生しました。

「WSC」も白黒のゲームを遊ぶときは「WS」より大きく見やすい画面なので、いいんですよね。カラーを売りにした、ゲーム機に対する褒め言葉にはなってないですけど。

これこそが「WonderWsanColor」真の姿

TFT液晶に載せ換えた「WSC」こそ、本来あるべき姿だったような気がします。
そしてフロントライトまで搭載した本体は「WSC」究極の姿なんでしょうね。

とはいっても、消費電力が増えてしまったため、稼働時間は短くなってしまいました。
突然の「電池切れ」の心配をせずに、安心して使うためには、最強の単3形乾電池「EVOLTA NEO」とかが必要でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です