Commodore 「AMIGA 1200」 が好き! 

我が家のエース機 Commodore 「AMIGA 1200」

日本ではあまり知られていない、海外のホビーパソコンCommodere「AMIGA 1200」

部屋に常設されているくらい、私のお気に入りのホビーパソコンです。
正直なところ、なんでそんなに気に入っているのか、自分でも分かりません。
そこで今回は、その理由を探っていきたいと思います。

はじまりの広告

本体のデザインはかなり気に入っています。ほぼ一目惚れでした。
これは「マイコンBASICマガジン1993年9月号」(以降「ベーマガ」と表記)に載った広告です。
これをみて「キーボード一体型のホビーパソコンらしい」そのデザインが気に入りました。

そして、次に気に入ったのが、CPU(MPU)が私の好きなモトローラの「68000」系なところ。
あこがれの「X68000」や「メガドライブ」にも使われているやつです。
これならば「PC-9801」などの「Windows 3.1」パソコンと違って、ちゃんとゲームで遊んだり、作ったり出来そうです。

そのころ、雑誌記事として「AMIGA」が取り上げられることが多かったのも、購入理由の一つですね。事実、ベーマガでもこの時期、特集記事が連載されていました。

メガデモの衝撃

本体を買ってからしばらくは、一緒に買ったお絵かきソフト「DELUXE PAINT IV」でお絵かきをしているしかなかったのですが、「バックアップ活用テクニック」(以降「バッ活」と表記)で募集がかかった「JAPAN AMIGA CLUB」なるものに入会、PDS(public domain software)のコピー配布サービスを受けたところから状況が一変します。

「メガデモ」と呼ばれるソフトの「映像」と「音楽」があたえる「衝撃」に、すっかり魅了されたのでした。特に「State of the Art」はすごかったです。

State of the Art

Tecnological death

Extension

3D DEMO II

その後、CD-ROMのPDS集から「メガデモ」を発掘するためだけに、「SCSIユニット付きのアクセラレータ」「SCSI接続のCD-ROMドライブ」「CD-ROMドライバーソフト ASIM CDFS」を合わせて12万円ほどで購入します。

当時のSCSIデバイスは相性問題があって、下手すると使えなかったりしたので、かなりハラハラしましたね。ある意味バクチですが、それをさせるだけの力が「メガデモ」にはありました。
今でも、主な使用目的は「メガデモ鑑賞」ですからね。

AMIGAのゲームも遊べたけれど

AMIGAのゲームはバッ活で紹介されたものを、数本だけ買いました。
内容もよくわからなかったし、ちょうどその頃は、SONY「Play Station」とSEGA「Saturn」の二大ゲーム機のソフトを買うのに忙しくて、AMIGAにまで手が回らなかったんですよね。
そんな中でも『WALKER』と『Body Blows Galactic』はかなり遊びましたね。

『WALKER』は『レミングス』で有名なシグノシスのゲームで、豆粒のような敵兵士を、巨大二足歩行兵器で撃ち殺していくというシューティングゲームですが、かなり難しいです。
攻撃にはマウスを、移動にはキーボードかジョイパッドを使います。機銃がオーバーヒートを起こすので、打ちっぱなしに出来ない点が厳しい。

WALKER

『Body Blows Galactic』は対戦格闘ですが、1ボタンしか使わないし、コマンド技はないのでかなり気楽に遊べます。が、難しいし、そこが面白い。

Body Blows Galactic

あとPDSで発掘した『Klonedike』、ただの『ソリティア』なんですが、インターレース特有の画面チラツキにも負けずにやっていましたね。

Klonedike

AMIGAのゲームも、面白いのは面白いけど洋物特有のクセもあるし、ハマる程ではないよね。

好きなものに理由はいらない

ここまで「AMIGA 1200」の魅力をいろいろ考えてきましたが、なんとなく好きものに理由なんてないんですよね。

結論『好きなものは好きでいいじゃない!』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です