SHARP MZ-721 を真の姿に戻してみた

SHARP MZ-700

現在でも一部に人に大人気のホビーパソコン SHARP MZ-700
私ごときが語るまでもなく、いろいろな伝説があるパソコンですね。
数年前、急に欲しくなってヤフオクで入手したのですが、結構遊ばせてもらいました。

私が入手したのは、本来データレコーダーのみ搭載、プロッタプリンターは無しのMZ-721 なのですが、前オーナーがプリンターを増設したMZ-731 仕様になっていました。

ちなみにデータレコーダーすらないのがMZ-711 です。

MZ-721 仕様に戻したいわけ

プロッタプリンターなのですが、今となってはインク代わりのボールペンも手に入りません。また、印字用のロール紙をセットする部品が、入手時からついていませんでした。
つまり、使い物にならないユニットがくっついてる訳で、ここがカバーになってるといろいろ置けて便利なんですよね。

毎度毎度のヤフーオークションで、カバーだけの出品があったので、早速手に入れてみました。

MZ-731 → MZ-721 にダウングレード

さて、早速プリンターを外してみましょう。プリンター後ろのネジ2本を外すと、プリンター本体が簡単に外れます。

コネクターを外し、スイッチを外部プリンターを使う方に切り替えます。あとは購入したカバーをつけて、元通りネジ2本閉めておけば終わりです。

MZ-721 もすっきりしてて格好いい物ですね。

動作確認もかねて遊びます

せっかく久しぶりに引っ張り出したので、動作確認がてら少し遊んでみます。

Hu-BASIC


ちゃんと文字が打てるかテストしました。数字の列が打てないなんてこともなく、異常なしです。

Tiny XEVIOUS

久しぶりに実機でロードしてみましたが、結構待ちますね。

やっとタイトル画面が出ました。5分くらいは待ったかな。

これ「ザッパー」と「ブラスター」打つのに「SHIFT」と「CTRL」使うんですよね。「Z」「X」に慣れていたせいか、ちょっとやりづらかったです。

SPACE HARRIER


これも超有名ですね。しいて言えば「F1」でBGMのある、なしを選択できます。

野球拳 2000

いよいよ真打登場です。実はこれで遊びたくてMZ-700 を入手しました。

グラフィック画面を持たないMZ-700 で女の子を表示させ、あまつさえアニメーションまでさせてしまいます。ほんとうに脱いでくれます。

さぁ、後一勝!

しかし、なかなか勝てません。やっと勝ったと思ったら・・・

えっ、これで終わり・・・ブラしか拝めませんでした・・・

動作確認終了、なかなか楽しかったですね!

MZ-700 はかなり低性能なのに、それゆえの楽しさがありますよね。
野球拳の白黒アニメーションで、妙に感動できるパソコンってMZ-700 だけでしょう。

ここでテストしたソフトは、ネットで集めたMZT,M12ファイルを、ここにあった MZT→WAVファイルコンバータ(mzt2wav.exe)を使いWAVファイルに変換し、さらにMSXのデータレコーダーで録音して、実機で使えるようにした物です。それ故か、ロード中の確認画面で文字化けしたりするのが、ちょっと悲しいですね。
(M12から変換した『Tiny XEVIOUS』など)

それにしても・・・

余ったプリンター、どうしよう・・・
(とりあえず、プチプチにくるんで箱にしまっておきました。)