TFT液晶画面のATARI「LYNX II」とSEGA「ゲームギア」

最初期のカラー携帯型ゲーム機

初期の携帯型ゲーム機、ATARI「LYNX」やSEGA「ゲームギア」は、カラー画面でゲームを遊ぶことが出来ましたが、暗く発色の悪い画面は、お世辞にもきれいとは言えないものでした。
さらに、当時のカラーSTN液晶は消費電力が高く、単3形電池を6本も必要としたため、ゲーム機本体は、必然的に大きくなってしまいました。今からすると、本当に「携帯型ゲーム機」と言いたくなるようなサイズです。

STN液晶画面をTFT液晶画面へ交換

最近、「LCD-mod(McWill)」というものが登場しました。
暗い「STN液晶画面」を明るく発色も良い「TFT液晶画面」に交換できるユニットです。さらに、D-SUB15ピンのコネクタを増設して、外部モニターに映し出すことも出来ます。

なお、制御基板の関係なのか、「LYNX」「LYNX II」「ゲームギア」で、それぞれに専用のものが存在します。

自分で改造できない方のために、改造サービスも受け付けているようですが、いろいろ大変そうなので、私は「改造済みの本体」をそれぞれ別々の経路で入手しました。

ATARI「LYNX II」の場合

こちらのATARI「LYNX II」はeBayでフランスの方から入手しました。

日本円で約4万円と、多少値は貼りましたが『California Games』がきれいな画面で遊べるので、大変満足しています。

普段は『Carfornia Games』の『SURFING』しかやってないせいか、電池がなかなか切れてくれません。さすがは21世紀の電池、Panasonic「EVOLTA NEO」です。

SEGA「ゲームギア」の場合

こちらのSEGA「ゲームギア」はヤフオクで入手しました。こちらも約4万円でした。
画面が見やすくなったおかげで、『アレスタ2』や『ペンゴ』『ぷよぷよ通』などが遊びやすくなりました。

こちらは、もとのままの液晶画面。画面が暗く、発色が良くないのがよくわかります。

なお、スクリーンレンズが傷だらけだったため、ガラス製のものに交換してあります。

モード切替について

スタートボタンを押したまま A.Bボタンを同時押すと解像度と仮面サイズが変わります。
1 標準サイズ デフォルト
2 標準サイズ  解像度半分(少し暗くなります)
3 ワイド
4 ワイド    解像度半分(少し暗くなります)
5 フル
6 フル     解像度半分(少し暗くなります)
7 スモール
8 スモール   解像度半分(少し暗くなります)
1へ戻ります

出品者様から教えていただいたものですが、役立つ情報なのでこちらに載せておきます。

入手方法は?

現在のところ、ATARI「LYNX」や「LYNX II」はeBayで探すか、キットを買って改造するしかないので、非常に手に入れるのが難しいです。
eBayで「見つけた!」と思ったら、実は改造サービスで、手持ちの本体を海外まで送る必要があったりしますので、気をつけないといけません。

「ゲームギア」は、たまにヤフオクで出品されていることがありますね。
お金が出せるなら、まだ入手は可能かと思われます。

うちにもゲームギア用の改造キットが1セットありますけど、怖くて改造なんて出来ません。

もうすでに一台、持ってますしね。

ちなみにこの二台、はにはに様の手によって、すでにフルメンテが施されています。
あと10年、いや20年は戦える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です