はじめて買った国民機 EPSON PC-286C PC CLUB

EPSON PC-286C PC CLUB

1990年(平成2年)、高校を卒業して情報処理の専門学校に入り、日々PC-9801を使っていると、当然自宅にもPC-9801が欲しくなります。ですが、NECのパソコンはとても高くて買えません。
そんな頃、手軽に買える値段で発売になったのが、このEPSON PC-286C PC CLUB です。
キーボード一体型というのも私好みですね。デザインが気に入るかどうかは重要なんです。

PC-9801を知らない世代

「98懐かしい!」と若い人に言うと、「Win98なら知ってます。懐かしいですね・・・」
と返されてしまった、と先日EDA君から聞かされました。
もう今では、98と聞いても、あのパソコンを想像出来なくなっているんですね。
それでは、NEC PC-9801とEPSONのPC98互換機について、簡単に説明しておきます。
ちなみに「国民機」とは、EPSON PC98互換機の広告で用いられた言葉です。

価格が高くて購入できなかった、純正のNEC PC-9801

このころのパソコンに求められた機能は、ずばりワープロでした。

手書きではあまり綺麗な字を書けない人でも、綺麗な文字で文章を印刷出来るワープロは、人気家電の一つでした。似たような形のパソコンに、この機能が求められたのは必然ですね。
PC-9801は高解像度(640×400)で、多くの漢字(40×25文字)を画面上に表示出来ました。

また、ちょうどこの頃、8ビットCPUを積んだパソコンの処理能力に限界が見えてきていました。
特に処理能力の必要なゲームソフトも、16ビットPCで開発されるようになります。
本来ビジネスモデルのはずのPC-9801に、FM音源が搭載されたのもこの時期です。

一太郎などのワープロソフトがそろっていて、ゲームソフトも豊富にある。
PC-9801に人気が集中したのは当然です。ファルコムのゲームが遊べたのは大きかったですね。

ただ、価格が高すぎて、いつもニコニコ現金払いで買えるようなものではありませんでした。
経済的に豊かな、バブル景気真っ最中の社会人ですら、ローンを組んで買っていましたよ。
だって・・・「PC-9801VM2」本体価格 41万5000円「PC-9801VX21」本体価格 43万3000円
ともに学校で使っていた機種ですが、本体のみでこの金額です。ディスプレイとかプリンターとか、その他いろいろそろえたら・・・
とても学生が手を出せるものじゃないです。学校が高いPC使用料取れるわけです。

PC-9801VM2 1985年発売 41万5000円

PC-9801VX21 1987年発売 43万3000円

価格が安かったので購入できた、EPSONのPC98互換機

さて、そんな高額なPC-9801の価格を少しでも安価にして提供してやろうと、頑張ってくれたのが
我らがEPSONのPC98互換機です。NECに訴えられたり、和解金払ったりしながらも、我々貧乏な庶民のためにがんばってくれました。

「PC-9801VX21」と同じ年に発売された「PC-286V STD」はCPUにVX21と同じi80286 10MHzを採用し、同等の性能を持たせながらも、本体価格29万8000円と10万円以上安いのでした。

さらにその3年後に発売されたPC-286Cは、本体価格16万8000円と17万円を下回っています。これならば中古のディスプレイと合わせても20万円を切る計算です。ひと昔前のスペックなので多少非力なのは仕方なし。これならば少し頑張れば買えます。

少し長めの冬休みを、友人たちと一緒にバイトして手に入れました。
ちなみに、ディスプレイは友人から2万円くらいで、PC-KD854を譲ってもらいました。

PC-286V STD 1987年発売 29万8000円

PC-286C 1990年発売 16万8000円

PC-KD854 グッドデザイン賞受賞

DTMで「ミュージ郎」以外を選んだわけ

DTM用にMIDIボードも積むわけですが、ちょっと変わった選択をしてみました。
KAWAI COMPUTER MUSIC SYSTEM 「Sound Palette」

PC CLUBのたった一つしかないCバススロットに、このボードは搭載されました。
これに決めたのは、一緒にバイトしたWS君に薦められたからですが、音源内蔵だったし、ソフトも数値入力式と音符入力式を使える優れものでした。
とはいえ、よく覚えてないんですよねぇ・・・
のちに「Roland D-5」を買った時に、つなげていたのは覚えていますけど。


この電子書籍に取り上げられていたので思い出せました。
画像もこちらから勝手に拝借してしまいました。
今なら、Vol.1~Vol.3がまとめられた合本版がお得です。
(画像拝借したのでちょっとCM)

MS-DOSと格闘した日々

そうそう、EPSONのPC98互換機って、NECのMS-DOSがそのままでは使えないんですよね。
EPSONプロテクトって言うんでしたっけ、そんなのが仕掛けられているのです。
ただ、付属品の中にそのプロテクトを外すためのフロッピーディスクが、同梱されているんです。
たしかにMS-DOSがプリインストールされたソフトが、動かないのでは意味ないのですけど、
NECと和解はしてたみたいだから、問題はなかったのかな。

それにしても、それまで BASIC しか知らなかったのに、いきなり DOS という概念が出てきたら、そりゃ戸惑いますよね。最初はコマンドプロンプトから、何をしていいか分かりませんでした。慣れてくると autoexec.bat なんかを編集出来るようになったんですけどね。

Format A:
フロッピーをフォーマットするコマンドですね。HDDを積んでなければ、これでいいんですよね。問題は、PC98は起動したドライブ順にドライブレターが割り振られるので、社会人になってから、フロッピーと間違えてHDDをフォーマットしてしまった、って人に良く遭遇しましたね。

Diskcopy A: B:
フロッピーを丸ごとコピーするコマンドです。色んな意味で、一番使ったコマンドですね。
PC CLUBは2台のFDDを積んでいるので、本体だけでディスクコピーが出来ます。

PC CLUBは2ドライブ搭載

また、学校のPCは5.25インチ、家のPCは3.5インチ、外付けドライブ接続で両方のフロッピーを使えたPCで、メディアコンバートをするのにも、よく使ったコマンドですね。その場合、コピー先のドライブはC:やD:に変わります。これも基本ですね。

たまにMSX-DOSをいじるとき、これらのコマンドは使いますね。
MSXもマイクロソフトが絡んだだけあって、ある意味汎用性があっていいですね。

結局はゲームマシンに

学生という環境は、周りに友人も多いわけで、自然と色んなものが集まってきましたね。
市販ゲームは『シムシティ』『テトリス』『マーブルマッドネス』『ギャラガ』『フラッピー』『ドラゴンバスター』など、同人ソフトも『SuperDepth』『METAL FORK』『F-ZERO』もどき、などなど
ほんと、学校って貧乏学生には天国みたいな環境だったんですね。
(このころソフトのコピー問題が騒がれだしたのって、半分以上うちら学生のせいなのかも・・・)

SuperDepth

もっともコピーするメディアが高かったんですけどね。
5.25インチフロッピーが1枚100円の時代、3.5インチフロッピーは300円くらいしましたので、実はそれだけでも大変でした。

中古ソフトを売っている電器店も、宇都宮にはあったので、たまに足をのばしましたね。
『エアコンバット』『バトルチェス』なんかは中古で仕入れました。

そう言えば、『銀河英雄伝説Ⅱ』はどこから仕入れたんだっけ?
覚えていられないほど、いろいろ持っていたみたいです。
ただ、まだエロゲーは持ってなかったようです。『同級生2』で遊ぶのはまだ先のことです。

最後は親友の元へ

それだけ遊んだPC CLUB も、Amiga 1200 購入後に親友KOG君の元へ里子に出されました。
PC-9801のゲームで遊びたいと言っていましたが、多分最大の理由はこれですね。

PC CLUBのCMに、彼が大好きなリンドバーグが出ていたんですよね。
池袋にライブを見に行くぐらい、リンドバーグが大好きだった彼のこと、
きっと、コレクターズアイテムとしても欲しかったのでしょう。

そして現在・・・

ヤフオクで見ていたらつい出来心で・・・
また入手してしまいました。今回はハードディスクを外付けしています。
もちろん名作エロゲーも、いろいろインストール済みです。
さあ、あらたな物語の始まりだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。