思い出のビデオゲーム 第4回:スターフォース

スターフォース (1985) SEGA

私にとって『スターフォース』といえば、アーケード版でも、ファミコン版でも、ましてやMSX版でもなく、このSG-1000 / SC-3000版になります。かなりやったからなぁ・・・
SEGAのSC-3000Hを買ったはいいが、ゲームはおまけでついてきた『ロードランナー』のみ。
これもかなり遊びましたが、さすがに飽きてきた頃にこのシューティングが発売になりました。


ベーマガの付録にアーケード版の情報が載ったことがあり、気にはなっていたのでなんとか購入。

ファミコン版との見た目の差に落胆しながらも、「オリジナルに近いのはこっちだ!」と、気持ちを切り替えながら遊んでましたね。やはりキャラが一色なのはみすぼらしいものです。
それでも、はじめて宇宙ステーションを見たときは感動しましたし、ファミコン版にはない地上絵もあるし、なんだかんだで結構遊んでました。

アルファ、ベータ、ガンマ・・・、ゼータ、エータ、くらいまではいけたのかな・・・
当時のゲームにクリアって概念はなかったので、うまい人ならずっとやってられたんでしょうね。

MSXでこのソフトを動くようにした凄い人がいましたけど、爆発音はならないんだよね・・・
MAMEのゼビウスも最初のころは爆発音だけWAVEファイル使ってたけど、何か関係あるのかも。

MSX版ならソフトを持ってるから、今でも実機で遊べるんだけど、何かが違うんですよね。
こうなったら禁断のエミュレータ「Fusion」を使って・・・