『超兄貴』のために買った NEC「PCエンジンDUO」

いつ見ても、かっこいいゲーム機 PCエンジンDUO

むか~し、むかし、『超兄貴』という、ちょっと変なシューティングゲームがありました。
マッチョなお兄さんが、お供にボディービルダー引き連れて、筋肉ムキムキ軍団に戦いを挑む。

そんな変なゲーム、ほっとくわけにはいきません。あのかっこいいゲーム機ごとゲットだぜい!
そうして買ったのが、NEC「PCエンジンDUO」だったそうな。

さすが「グッドデザイン賞」を受賞したことはあります。素直にかっこいいです。

かなり遊べたCD-ROM2(ロムロム)

CD-ROMドライブを搭載したゲーム機を所有するのは、SEGAの「ワンダーメガ」に続いて2台目だったのですが、後半ほぼ『シルフィード』専用機と化した「ワンダーメガ」と違っていろいろなソフトで遊びましたね。

『SUPER DARIUS』は音楽がアーケードゲームのままだったので、かなり嬉しかったですし、『イースⅠ・Ⅱ』で、はじめて『イースⅡ』をプレイできました。
(昔使っていたパソコンX1Gでは、イースⅡは動かなかった・・・)

Huカードも名作ぞろい

Huカードのゲームも買いはじめました。
『ドラゴンスピリット』『ギャラガ88』『ゼビウス』『ワンダーモモ』(ナムコ
『グラディウス』『沙羅曼蛇』(コナミ
『スペースハリアー』『アフターバーナーⅡ』(セガ

極めつけは『ストリートファイターⅡダッシュ』(カプコン)ですね。
6ボタンコントローラーとマルチタップも買って、対戦可能にしました。

本番はSUPER CD-ROM2

「PCエンジンDUO」は最初からSUPER CDROM2対応だったので、『超兄貴』はいきなり遊べたのですが、コナミ初のSUPER CD-ROM2作品『グラディウスⅡ』には感動すら覚えましたね。

『コットン』では主人公コットンの声が「ちびまる子ちゃん」で有名な「TARAKO」さんだったので、以後コットンというとこの声をイメージしてしまいます。妙に合ってるんだよなぁ・・・

今でももったいない事をしたと思っているのが、お金に困って『悪魔城ドラキュラX』を売っちゃったことですね。買い戻せないほど高値にはなってないんですが、ほかに優先したいことが多くて・・・

そういえば『ときめきメモリアル』もPCエンジンが初なんですよね。『スナッチャー』とかもあるし、こうしてみるとコナミと「SUPER CD-ROM2」って相性良かったんですね。

変な移植も多かったCD-ROM2

CD-ROMの大容量を、「ビジュアルシーンの追加」と「音楽の変なアレンジ」に使ってしまい、おかしくなったゲームも多かったですね。

『ゴールデンアックス』なんて、使い回しの変なビジュアルシーンばかりでした。

『R-TYPE COMPLETE CD』は音楽が変すぎますし、このゲームにビジュアルシーンなんていりません。ユーザーが望んだのは、ROM版のIとIIが続けて遊べることだけだったのに、余計なことをしてくれました。

『ラングリッサー ~光輝の末裔~』のように、ビジュアルシーンを追加してくれて、良くなったゲームもあるんですけどね。

忘れちゃいけない、アーケードカード

アーケードカード、ただバッファRAMの容量を増やしただけなのに、ネオジオの『餓狼伝説2』『龍虎の拳』『餓狼伝説スペシャル』『ワールドヒーローズ2』が、かなり高いレベルで移植できるようになるのですから、PCエンジン自体の性能って、かなり高かったんですね。

もっとも、カードの値段が1万円以上しましたし、バッファの容量が増えた分、読み込み時間もかなり長くなったんですけど・・・

まだ見ぬ「名作」を求めて

PCエンジンには、まだまだ名作があるはずですが、私自身はあまりソフトを持っていないので、ほとんど知ることが出来ないままです。『マジカルチェイス』とか遊びたいな。

こうなったら、『PCエンジン mini』も発売してくれませんかね。もちろん『マジカルチェイス』は入っていること前提で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です