eBayで購入したATARI LYNX II のTFT液晶モデル

Atari Lynx II LCD-Mod(McWill)

ATARI LYNX II のSTN液晶をTFT液晶に乗せ換えられる「McWill LCD Upgrade Kit」というものが発売されていました。でも、私は改造なんて怖くて出来ません。

そんな人のために、「eBay」ではこのユニットを使って改造した本体を、販売してくれる人達がいます。私もかなり悩んだ末に、フランスの方から購入してしまいました。
明るく色鮮やかな画面で、ゲームがかなり遊びやすくなりました。TFT液晶に変わっただけなのに全く別のゲーム機のようです。

ただ、これの存在を知ったときは、純粋に欲しいとも思いましたが、「もうすでに1台持ってるのに、こんな巨大ハンディゲーム機を、さらに入手する必要があるのか?それに液晶が違うだけで、通常の倍の値段するぞ?」と、かなり悩みました。レトロハードで遊んでる身としては、いつも同じような疑問が頭をよぎります。

LYNXのエミュレータ 「Handy」


手軽にPC上で遊べる、エミュレータの存在も大きいですね。
LYNXで言えば「Handy」という名のエミュレータが有名です。
かつてLYNXを手放してしまったのには、このエミュレータの存在があったからです。
「見づらい実機の画面より、こっちのがよくない?今なら高く売れるし・・・」
そう思って手放したのですが、どんなにきれいな画面でも実機ほど楽しめないんですよね。
それに元が古いソフトなので、Windows7だと動作が不安定になりますし・・・

eBayでLYNX IIを再入手するが、液晶画面に不満がでる

LYNX IIの実機、ずっと買い戻したかったのですが、なかなか機会がありませんでした。
最近eBayで、海外から直接購入できるようになったおかげで、再び入手することが出来ました。

とはいえ、やはりSTN液晶は現在の目でみると厳しいものがありました。
表示にムラがあるし、全体的に暗いんですよね。輝度を上げすぎると白っぽくなっちゃうし。
昔はこれでもきれいな方だったんですけどね。

eBayにてTFT液晶に交換したモデルを発見

そんな時、TFT液晶に交換したLYNX IIの存在を知ります。
が、送料まで含めると4万円以上してしまいます。

欲しい・・・でも、4万円ってプレステ4や任天堂スイッチすら買えるんじゃ?悩む・・・

金額面でかなり悩むも、勢いで購入

現在の技術で蘇るハンディゲーム機、それもエミュレータを内蔵したまがい物ではなく本物です。
実機なのに高画質な本体を手に入れられるのです。多少高いのも技術料だと思えば問題なし。
繁忙期で死ぬほど働いたおかげで、お小遣いはそれなりにあります。
決算賞与と称した、会社からのお小遣いが4万円くらい出たのもこの時。
「たしかに高い、が、今買わねば確実に後悔する!これはもう買うしかないでしょう!」
と、勢いのみで突っ走りましたね。高価な衝動買いには勢いが必要です。

買って良かったTFT液晶モデル

現在、きれいな画面で『カリフォルニアゲームズ』のサーフィンを楽しんでいます。

ほかのゲームもやるのですが、やはりLYNXといえばこれですね。

結局、レトロゲームに大金つかえるのって、それだけ思い入れがあるからなんですよね。
(昔、ヤフオクでワンダーメガ新品未開封を483,000円で落札した人だって・・・)
とはいえ、オリジナルの状態も大切にしたいから、二台持ちになっちゃいましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。