ネオジオポケットカラー 新旧比較

ネオジオポケットカラー NEW VERSION

ネオジオポケットカラーのフロントライト搭載版は「OLD VERSION」の本体を改造してありましたが、無改造のままの本体も、急に欲しくなってしまいました。
そこで「NEW VERSION」の、いかにもネオジオポケットらしい「カモフラージュブルー」の本体を入手してみたので、大きさなどが、どのくらい違うのかを比較してみます。

「NEW VERSION」の方が若干小さめ

「NEW VERSION」も性能的には変わりはないのですが、本体のサイズとが若干小さく、重量が少しだけ軽くなっています。ほとんど分かりませんけどね。

ボタン電池は「NEW」のが交換しやすい


単三電池のカバーは「OLD VERSION」が縦に開けますが、「NEW VERSION」は横に開けます。
ボタン電池のカバーは「OLD VERSION」がコインで開けるのに対し、「NEW VERSION」は普通に素手で開けられます。電池交換は「NEW VERSION」の方がやりやすそうです。

意外と高価なネオジオポケットカラーのソフト

ネオジオポケットカラーも、もっとソフトの数を増やしてみたいのですが、中古市場でも意外と高価なので、結局買えずじまいでいます。
『ぷよぷよ通』¥5,180円 『パックマン』¥3,060円とかですからね。
(駿河屋の中古価格 2018/5/18現在)
驚くほど高価ではないのですが、この金額をだすのならPS2やサターンのソフトを買いますので、今しばらく、『スーパーリアル麻雀プレミアムコレクション』専用機のままですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。