久々に『アフターバーナー コンプリート 』を遊んでみた

SUPER32X で『アフターバーナー コンプリート』を遊んでみた

SUPER32X と『アフターバーナー コンプリート』そして サイバースティック
久々にコイツらを引っ張り出してみましたが、動作させてみたところ、色合いがおかしかったり、音が途切れ途切れに鳴ったりと、さんざんな状態でした。
各端子に接点復活剤を使ってプチメンテを施し、ようやくまともに動くようになってくれました。
いやはや、長期間ほったらかしにすると、いろいろ不具合が発生してくれますね。

SUPER32X の悲劇

SUPER32X、これほどかわいそうなハードもないだろう。
何しろメガドライブ の強化ユニットでありながら、後継機 セガサターン の後に発売されてしまったのだから、まともに相手にされるわけがありません。
私のような物好きのみが購入したハードなんでしょうね。ラインナップに『スペースハリアー』そして『アフターバーナー コンプリート』とあった時点で購入を決めました。
SUPER32X は結局ろくにソフトがでないまま終わってしまったが、

アフターバーナー コンプリート

スペースハリアー

スターウォーズ

ステラアサルト

だけでもで元は取れたと思えます。

『アフターバーナーⅡ』と SUPER32X

『アフターバーナーⅡ』はこれまで様々な機種に移植されてきましたし、現在では「Nintendo 3DS」に究極版がありますが、それでも「SUPER 32X版」が最強だと思っています。
なぜなら、ちょっとした改造で サイバースティック が使えるからです。これがあるとプレイが全然違ってきます。ちなみに『スペースハリアー』にも サイバースティック は使えます。

昔、「ゲームラボ」に載った記事を参考に、小改造で使えるようになりました。
改造の詳細はこちらのブログで詳しく説明されています。
『アフターバーナーⅡ』と サイバースティック の組み合わせは、最高に気分が盛り上がります。加えて、XMD-3にてRGB出力&ステレオ音声出力、FRAMAMEISTERによる高解像度表示。現時点で庶民が手に入れられる最強のプレイ環境です。