「バーチャスティック」にうれしい誤算

バーチャスティックの当たりと外れ

前回に記事にも少し書きましたが、後期型バーチャスティックのレバーは

  • 当たり セイミツ LS-56
  • 外れ  アスキー

という指摘をあちこちで読んでいたのですが、書いてる人たちが「アスキーでした・・・」とほぼあきらめムードだったため、自分のもアスキーなんだろうな・・・と思っていました。

なんか使いやすいんですけど?

修行のためにWindows上でバーチャスティックを使うため、こんなのを入手しました。

ゲームパッド SS Controller Adapter for PC
そのため「SSF」でもバーチャスティックが使えるようになりました。

それにしても、最初はコマンド技すら出せなかったのですが、慣れてくるとキャンセル技まで出せるようになってきました。
「こんなに使いやすいのにクソスティックなわけ?」
当然の疑問がわいてきます。それにレバーはともかくボタンは引っかかる感じがするので、グリスアップとかできないかを調べるため、一度底板を外してみました。

やった!当たりのセイミツレバーだ!


基板を見てみたらセイミツレバーの証「LS56」の文字が。
「やった、これでレバー交換しなくて済む・・・というか、じゃあアスキーレバーでどんなの?」
むしろ当然の疑問がわき上がってきましたが、当面の問題はボタン関係なので、どうやって「グリスアップ」するかを考えるとしましょう。